新年のパーティー、お年賀にも「ガレット・デ・ロワ」


新年を祝うフランスの伝統焼き菓子

「ガレット・デ・ロワ」。

聞いたことある、見たことある、食べたことある!

という方が、

この数年で、かなり増えているのではないでしょうか。

年末から1月下旬までの間、

パン屋さん、ケーキ屋さん、ホテルのカフェなどで

見かけますね。

フランスでは、本来、エピファニー(公現祭)と呼ばれる

1月6日に食べるのが慣わしだそうです。

 

・・・と聞いたのが、まさにその当日!

さっそく、進々堂さんのカフェで食べてきました。

 

 

ガレットデロワのカットプレート

 

 

パイはパリパリと軽く、

中のアーモンドクリームが甘すぎなくて◎

温かいガレット・デ・ロアに

アイスクリームがよく合います。

 

でも、やっぱりガレット・デ・ロワの醍醐味は

ホールを切り分けて、

誰が中のフェーブを当てるか・・・という

ドキドキわくわく感!

 

 

ガレットデロワのホール

 

 

わたしが伺った寺町通の進々堂さんでは、

フェーブひとつと、当たった主役がかぶる王冠つきで

1月15日まで販売されています。

http://shinshindo.jp/news/up/docs/171227.pdf

 

新年のパーティーやご挨拶の手みやげに

ぴったりですね。

職場の仲間でガレット・デ・ロワを囲んで

笑顔で盛り上がりましょう。

ますます、ハッピーニューイヤー!間違いなし。

 

その他、ザ・リッツ・カールトン京都の

ピエール・エルメ・パリで販売中のこちらも、気になるところ!

http://www.ritzcarlton-kyoto.jp/plans/20171221_id=13653

 

また、1月19日(金)には、

アンスティチュ・フランセ関西―京都(旧 関西日仏学館)にて

「ガレット・デ・ロワ 新年パーティー」

というイベントが開催予定だそうですよ。

http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/galette2018/

本場フランスのガレット・デ・ロワと文化に触れられる

貴重なチャンス。

定員になりしだい、チケット販売終了となるようです。

参加希望の方は、

ぜひ上記ホームページをチェックしてみてくださいね。

 

ことしも、京都に

たくさんの笑顔が満ち溢れるよう

コトスタイルは尽力いたします。

みなさま、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です