金木犀のコロンやハンドクリーム、ジャムも。祇園四条で発見。


金木犀(きんもくせい)が、ほのかに香るシーズン。

ほのかすぎて、もっと嗅ぎたい!という欲をかきたてられます(笑)

風にのって、ふわっと香った気がするけれど、

どこに咲いているのか見つけられなかったり

開花期間が短かったり...

なんだか儚いイメージも。

 

そんなレアで可憐な金木犀の香りが

いつでも身に纏えるという

乙女ゴコロに響くアイテムに出会いました。

 

ココは四条通。花見小路から少し西。

「あぶらとり紙専門店 象」さん。

象

http://www.kyoto-zou.co.jp/tenpo.html

 

お店の方曰く、金木犀シリーズの中で、いちばん人気はコロン。

去年のこの時季は

入荷するたびにすぐ完売したそうです。

せっけんや練り香水も、京都のおみやげとしてもぴったり。

テスターがあるので、

数ある中から自分好みを探せます。

 

そんな中、チョイスしたのは

さいきん発売されたばかりという

金木犀の香りのハンドクリーム。

金木犀ハンドクリーム

金木犀ハンドクリーム2

手をケアしながら、

誰より自分自身がいちばん香りを楽しめて

ほっと癒される。

乾燥しがちなこれからの季節には、とくにうれしいですね。

パッケージも、目を惹く愛らしさ。

金木犀の香りをプレゼント…なんていうのも

すてきです。

 

「あぶらとり紙専門店 象」さんから

そのまま四条通をに西へ進むと

スグに次の金木犀に出会いました。

その美しさに、惚れぼれ。

金木犀の花びらが入ったジャムです。

金木犀ジャム

紅茶やヨーグルトに合いますよと

お店の方が教えてくださいました。

こちらは

「京都クッキーとジャムの専門店 まいこと」さん。

(写真/まいこと)

http://www.maisendo.co.jp/maicoto.html

 

眺めているだけで

じゅうぶん楽しめますが、

蓋を開けた瞬間、ふわっと

さわやかな香りがしました。

金木犀の味かというとよくわからないのですが、

ほんの少しだけ柑橘のような酸味を感じるお花のシロップ…

そんなやさしいお味でした。

 

どんどん移り変わっていく季節。

京都のマチナカ散策の中、

お店に並ぶ商品・お料理などでも

秋らしさを満喫、そして提供していきたいものですね。


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です