「菓子・茶房チェカ」さんで、ぷりんかき氷とシンプル&おしゃれ空間を満喫


あっというまに季節はすぎ、京都の長い夏が始まりましたね。

かき氷シーズン到来です。

 

イマドキのかき氷は

フルーツなどの素材そのものを活かしたシロップを使用したり、

見た目にも驚きやアイデアがあったり。

京都にも、ここ数年、名物かき氷が続々と

生まれているように感じます。

かき氷を求めて

炎天下の行列…という光景も目にするほど。

 

チェカかんばん

チェカかき氷かんばん

 

つい先日の30度超えの午後、

ことし初めてのかき氷を食べに、岡崎の「菓子・茶房チェカ」さんへ。

以前から、2階の茶房の内装がすてき!という噂を

耳にしていて、とても気になっていました。

 

白い壁、飾り気の少ないすっきりとした空間に、

照明やテーブルなど、レトロでスタイリッシュなアイテム。

木や石など自然素材に、こころが落ち着き、穏やかに。

チェカ2階

チェカレトロテーブル

 

このテーブルは、スツールと一体型。

スツールを使用していないときは、テーブルの下にすっきり収納。

座るときには、スツールをくるりと引き出すように動かします。

あまり見かけることのない楽しいテーブル&スツール。

その他のインテリアも、シンプルでありながら存在感あり。

 

チェカ窓

窓際には、コンパクトな座敷スペースも。

白い壁に、迫る緑が映えます。

窓のつくりも、かわいいですね。

 

さらに、茶房と呼ばれるこの2階スペースには、茶釜が!

 

チェカ茶釜

茶釜のお湯を使って、コーヒーやお茶を淹れてくださるそうです。

なかなかない光景ですが、

お店の穏やかな雰囲気に、しっくりとなじんでいました。

 

さて。

茶房のあちこちに見入っているうちに

かき氷が運ばれてきました。

ぷりんかき氷

「ぷりんかき氷」です。

中にも、プリンがたっぷり!

写真は、小さめでお願いしたサイズです。

それでも、満足の食べ応え。

かき氷といっしょに

あたたかいお茶を出してくださる心配りも、うれしい!

 

そして、お会計に1階におりたときに気づきました。

こちらにも、アンティークらしきユニークな椅子。

チェカレトロないす

他にも、レトロな雰囲気を生み出す

お宝のようなアイテムが

あちらこちらにカスタマイズされていました。

ナチュラルさ優位の絶妙のさじ加減で。

 

かき氷ファンにはもちろんのこと、

インテリアに興味があるみなさんに、オススメのお店です。

チェカメニュー

https://ja-jp.facebook.com/kashicheka/

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です